トップページ > 医院だより > 第77回日本矯正歯科学会学術大会(横浜)に出席しました(後編)

医院だより

第77回日本矯正歯科学会学術大会(横浜)に出席しました(後編)

初日の夜、疲れていたのにもかかわらず寝むれなかった原因は、

専門医更新症例試験の結果が気になって、気になって・・・、ではなく(笑)、

帰りの新幹線の予約をしていたのですが、その新幹線に間に合うだろうか?と不安になってしまったのです(^_^;)

専門医更新症例試験が合格の場合、その資料を学会開催中に展示します。

最終日の午後4時以降でないと資料の回収を行ってはいけない、というルールがあるのですが、

なぜか、午後5時ぴったりの東京発の新幹線の切符を手配してしまったのです。

ギリギリ間に合うかなぁ?なんて、ベットの中で考えていたら、

”午後4時ぴったりに資料を回収して、みなとみらい線で横浜駅まで、東海道本線で東京駅まで・・・”と、

頭の中でシミュレーションを初めてしまったのです。目を閉じるとグルグルとシミュレーションのループが・・・。「模型と資料をスーツケースに手際良くしまい、何時何分の東海道本線に乗って、・・・・、東京駅に・・・・」

寝れない~・・・。案の定、寝れませんでした・・・。

基本的に、神経質なので、外泊初日にぐっすりと寝れるなんてことはありません。枕が高いと、絶対寝れない。

どこでも、ぐっすり寝れる人がほんとに羨ましい~!

 

諦めて、読書をしようかとも考えたのですが、以前、更に目が冴えて疲れが全く取れなかった経験があるため、暗闇の中じっとして、身体を休めることにしました。脳は休まなくても、身体の疲れは取れるだろう、きっとそう信じて(笑)

 

2日目午前9時ごろから聞きたい講演があり、10時から専門医更新症例試験の合格発表があるため、8時半にホテルを出て学会場に向かいました。

 

9時からの講演はとても良い講演でした。

合否発表の会場に近づくにつれ、意外にもドキドキして、あれ、なんでこんなに緊張しているんだろう?

何歳になっても、合否発表はドキドキするんですね。

 

結果は、

 

「すべて合格‼」でした。

 

あとは、2021年に専門医更新申請を忘れずに行えば、

2026年までは、専門医を保持できることになります。

 

更新症例審査のための資料づくりが大変でしたが、頑張って良かった!努力はやはり報われる。

資料を提出するためには、必ず患者様の同意書が必要になるため、快くご許可いただけるとほんとにうれしいんですよね。今回の症例審査の資料提出にご協力いただきました3名の患者様には心よりお礼申し上げます。

 

iPhoneXsで撮影、素人でもこの出来栄え!

 

 

そして、運命の帰路ですが・・・

 

最終日午後4時よりも20分早く撤収のため、会場に入りました。

警備員が見張っており、片付けようとしている先生には、注意をしています。やはり、4時前には回収できないのか・・・、間に合うのか?と今回一番のドキドキ(笑)

回収時間になり、手早く模型9組を緩衝材で包み、箱に収め、逃げ出すように会場を後にしました。

スーツケースを転がしながら、ダッシュしていた、スーツ姿の男性を見かけた方、それ私です(笑)

横浜発の東海道本線、東京に間に合うためのデッドライン一本前の電車に乗れ、「これで、間に合う。」と一安心。どっと汗が噴き出しました💦

午後5時10分前に、新幹線乗り場に到着して、予定通り仙台に帰ることが出来ました。

 

新幹線の中から、仙台のテレビ塔が見えてくると、安堵感。あ~、帰ってきた~。

こうして終始寝不足の3日間は、幕を閉じました(笑)

一覧に戻る

当院に関するご案内

費用に関するご案内

治療に関するご案内

その他

診療時間

  • 月・火・水・金
    12:00~20:00
  • 土曜 9:00~18:00
  • 休診日
  • 木曜・日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス

  • 仙台市青葉区国分町2丁目2-5
    柴崎ビル1F(大きな地図で見る)
  • 仙台市地下鉄南北線 広瀬通駅 西5番出口より徒歩5分
  • お車でお越しの方に、提携駐車場サービス券(最大1時間分)をお渡ししております。受付に駐車券をご提示ください。
    »提携駐車場のご案内はこちら。
スタッフブログ