トップページ > 矯正治療症例 > 前歯で咬めない

矯正治療症例 前歯で咬めない

前歯で咬めない

専門的には『開咬症(かいこうしょう)』『openbite(オープンバイト)」と呼びます。

上下の歯が咬み合わず開いてしまっている状態です。開いている部位により、前歯部開咬症、ラテラル・オープンバイトやトータル・オープンバイトなど呼ぶこともあります。物を効率よく咬み砕くことが困難であり咀嚼障害や発音障害などの機能的な問題が少なからず出てきます。また、奥歯だけしか咬み合わないような時には、奥歯への咬合力の負担が大きく、外傷性咬合などを引き起こし、歯の喪失の要因にもなります。

治療法

程度や骨格的なタイプにより治療法が異なりますが、インプラント矯正により奥歯を沈めこませることで咬み合わせをつけたり、前歯を挺出させて咬み合わせをつけたりします。受け口タイプの骨格の場合、外科的矯正治療での治療となることも十分考えられます。 

実際に、両方の治療例を見ながらご説明していきたいと思います。

(1)奥歯を沈めて治した治療例①
主訴:前歯でものが咬めない(開咬症)

【Before】

(1)奥歯を沈めて治した治療例① Before

【After】

(1)奥歯を沈めて治した治療例① After

一番奥の歯しか咬み合わせることができない重度のオープンバイトのケースです。前歯の垂直的な位置はほぼ標準に近いため奥歯を矯正用インプラントを用いて積極的に沈めこませる(圧下)ことで咬み合せをつけるように治療しました。インプラント矯正がない時代は、外科的矯正治療の適用ケースでしたが、現在ではインプラント矯正治療で綺麗に治すことが可能です。ものが良く咬めるようになったと非常にご満足いただきました。

(1)奥歯を沈めて治した治療例②
主訴:前歯でものが咬めない(開咬症)

【Before】

(1)奥歯を沈めて治した治療例② Before

【After】

(1)奥歯を沈めて治した治療例② After

前歯部開咬症および歯周病罹患のインプラント矯正治療を適用したケースです。初診時、右上の奥歯と左下奥歯にブリッジが入っており、3本の奥歯を喪失していました。今後、開咬症による臼歯の咬合力の荷重負担および歯周病により、さらなる既存歯のダメージが考えられました。奥歯の圧下および喪失歯部位へ奥歯を移動させることで咬合の再構成を図りました。治療後、前歯の咬み合せも獲得され、ブリッジも無くなり、すべて自分の歯で咬み合せを完成させることができました。

矯正治療事例に戻る

当院に関するご案内

費用に関するご案内

治療に関するご案内

その他

診療時間

  • 月・火・水・金
    12:00~20:00
  • 土曜 9:00~18:00
  • 休診日
  • 木曜・日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス

  • 仙台市青葉区国分町2丁目2-5
    柴崎ビル1F(大きな地図で見る)
  • 仙台市地下鉄南北線 広瀬通駅 西5番出口より徒歩5分
  • お車でお越しの方に、提携駐車場サービス券(最大1時間分)をお渡ししております。受付に駐車券をご提示ください。
    »提携駐車場のご案内はこちら。
スタッフブログ