トップページ > 設計された予知的な矯正治療

設計された予知的な矯正治療

当院では、患者さんごとに立てた緻密な治療ゴール(治療設計図)を診断時にご提示いたしております。
治療設計図は、建築の設計図と同様に非常に重要なものとなります。基本的に、建築物は設計図があるからこそ精密に建てることができ、安全な建物になりますが、矯正治療も同様で、治療設計図があってこそ、綺麗な歯並びと緻密な咬み合せを獲得することができます。
当たり前のように聞こえるかもしれませんが、治療設計図を立てて矯正治療を行っている矯正歯科医院は決して多いとは言えません。

ここでは、治療設計図とはどのようなものかを例を示しながらご説明いたします。

出っ歯を主訴にご来院された患者さん

歯を抜かずに治した治療例

主訴(出っ歯、上顎前突)の改善のためには、次の2種類の治療法が考えられます。
(1) 上顎(うわあご)の4番目の歯(第一小臼歯)を2本便宜抜歯する。
(2) 一番奥のスペースを利用して全体的に後方に歯を移動させる。

(1)の治療法は、出っ歯な状態を改善するために、前歯を後ろに下げるために途中の歯を抜いてそのスペースを利用し改善を図る計画です。
(2)はインプラント矯正にて、12歳臼歯の後方のスペースを利用して上の歯全てを後方に移動させる計画となります。

どちらの治療方法でも、前歯の治療ゴールは同じで、次のような(側方)予測図が考えられます。 つまり、前方に傾斜した下の前歯を少し立たせさらに圧下させ、上の前歯を下の前歯の位置まで後方に下げるゴール設定です。

側方Lateral予測図

図1がこの患者さんの治療ゴール(治療設計図)となります。黒い線が治療前の状態で、赤い線が治療後の歯の位置を示します。
前歯の突出感の改善とともに口元の改善も見込まれます。この設計図をもとに治療を進めていきます。この治療ゴールは、当然のことですが、患者さんごとに設計していきます。

オクルゾグラム

さらに、詳細な歯の移動を確認するためには、セットアップモデルおよびオクルゾグラムを作製します(図2)。
このオクルゾグラムを作製すると、歯一本一本の詳細な動きが分かり、この例のように奥歯の移動量が明確となるため、 治療達成可能かどうかの判断がしやすくなります。

※セットアップモデルおよびオクルゾグラムの作製は、オプションとなっております。

①案と②案を患者さんに診断時にご提案しましたが、なるべく大人の歯(永久歯)を抜きたくないことから、②のインプラント矯正治療で治療を進めることになりました。
治療結果をお示ししますが、治療ゴールの設定通り治すことが可能でした。

インプラント治療結果

主訴である「前歯の突出」も改善され、前歯によって押し出されていた上唇の突出感も無くなり、唇を閉じやすくなったと患者さんにとても喜んでいただきました。設計された予知的な矯正治療は、患者さんに安心して矯正治療を受けていただける最適な方法です。当院では、最適な矯正治療が複数考えられた場合、治療ゴール、治療方針等を詳細に患者さんにご説明させていただき、インフォームド・チョイスできるようにしています。

当院に関するご案内

費用に関するご案内

治療に関するご案内

その他

診療時間

  • 月・火・水・金
    12:00~20:00
  • 土曜 9:00~18:00
  • 休診日
  • 木曜・日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス

  • 仙台市青葉区国分町2丁目2-5
    柴崎ビル1F(大きな地図で見る)
  • 仙台市地下鉄南北線 広瀬通駅 西5番出口より徒歩5分
  • お車でお越しの方に、提携駐車場サービス券(最大1時間分)をお渡ししております。受付に駐車券をご提示ください。
    »提携駐車場のご案内はこちら。
スタッフブログ