トップページ > 健康保険適用の矯正治療

健康保険でできる矯正治療について

すべての矯正治療は、自費診療だから高いと思っていませんか?
矯正治療でも健康保険が適用される場合があります。

(1)外科的な治療(顎の手術)が必要な顎変形症と
(2)口蓋裂や口唇裂による先天的な咬合異常
(3) その他、厚生労働省が定める特定疾患として、下記疾患に起因する咬合異常
の矯正治療に保険適用が認められています。

しかしながら、どこのクリニックや病院でも保険適用で矯正治療が行えるわけではなく、指定自立支援医療(育成・更生医療)機関および顎口腔機能診断施設のみで保険治療が可能となります。

当院は、指定自立支援医療(育成・更生医療)機関および顎口腔機能診断施設となっております。

顎変形症とは、

 上あご(上顎骨)または下あご(下顎骨)あるいはその両方の大きさや形、前後的な位置などの異常による骨格的な咬合不全を伴う疾患名です。
 顎変形症には、①上顎前突症(骨格性の出っ歯)②下顎前突症(骨格性の受け口)③開咬症(骨格性の開咬)④顔面非対称が含まれます。骨格性由来の不正咬合のため、骨格的な改善がなければ、不正咬合の改善が困難であると考えられます。
 顎変形症の矯正治療は、一般的に「外科的矯正治療」と呼ばれ、顎(あご)の手術を前提とした矯正治療になりますので、顎の手術の際には全身麻酔下での手術が必要になり、一定期間の入院が必要になります。顎の手術は、連携病院である東北大学病院または仙台医療センターで行うことになります。
 「外科的矯正治療の進め方」は、別ページをご参照ください。

厚生労働省が定める特定疾患

  • ゴールデンハー(Goldenhar)症候群(鰓弓異常症を含む)
  • 鎖骨、頭蓋骨異形成
  • クルーゾン(Crouzon)症候群
  • トリチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群
  • ピエールロバン(PierreRobin)症候群
  • ダウン(Down)症候群
  • ターナー(Turner)症候群
  • ベックウィズ・ヴィードマン(Beckwith-Wiedemann)症候群
  • 尖頭合指症
  • ラッセルシルバー(Russell-Silver)症候群
  • ロンベルグ(Romberg)症候群
  • 先天性ミオパチー
  • 顔面半側肥大症
  • エリス・ヴァン・クレベルト(Ellis-vanCreveld)症候群
  • 軟骨形成不全症
  • 外胚葉異形成症
  • 神経線維腫症
  • 基底細胞母斑症候群
  • ヌーナン(Noonan)症候群
  • マルファン(Marfan)症候群
  • プラダーウィリー(Prader-Willi)症候群
  • 顔面裂
  • 筋ジストロフィー
  • 大理石骨病
  • 色素失調症
  • 口顔指症候群
  • メービウス症候群
  • カブキ症候群
  • クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
  • ウィリアムズ症候群
  • ビンダー症候群
  • スティックラー症候群

■2012年4月追加疾患

  • 小舌症
  • 頭蓋骨癒合症
  • 骨形成不全症
  • 口笛顔貌症候群
  • ルビンスタイン-ティビ症候群
  • 常染色体欠失症候群
  • ラーセン症候群
  • 濃化異骨症
  • 6歯以上の非症候性部分性無歯症

当院に関するご案内

費用に関するご案内

治療に関するご案内

その他

診療時間

  • 月・火・水・金
    12:00~20:00
  • 土曜 9:00~18:00
  • 休診日
  • 木曜・日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス

  • 仙台市青葉区国分町2丁目2-5
    柴崎ビル1F(大きな地図で見る)
  • 仙台市地下鉄南北線 広瀬通駅 西5番出口より徒歩5分
  • お車でお越しの方に、提携駐車場サービス券(最大1時間分)をお渡ししております。受付に駐車券をご提示ください。
    »提携駐車場のご案内はこちら。
スタッフブログ