トップページ > 矯正治療症例 > 出っ歯

矯正治療症例 出っ歯

出っ歯

一般的に『出っ歯』と呼ばれることが多く、専門的には『上顎前突(じょうがくぜんとつ)』と呼びます。

上の前歯が下の前歯と比較して過度に前方に突出している状態です。上の前歯の後ろに下唇がハマり込んでしまうといった状態を呈している場合もあります。上顎前突は、前歯をぶつけて歯を失ったり破折させたりする危険性が大きいとも言われます。

原因としては、上顎前歯の角度の異常による歯性の原因のものから、下顎の劣成長であったり、上顎骨の過成長などの骨格性の原因も考えられます。ほとんどのケースで、上の前歯に限らず、上顎歯列全体が下顎歯列に比較して前方にズレてしまっていることが多い不正咬合です。

治療法

上の前歯を後方に引っ込めるために第一小臼歯(前から4番目の歯)を抜いて、そのスペースを利用して前歯を下げる方法や、奥歯の奥にスペースがある場合には、途中の永久歯を抜かず上の歯を全体的に後ろに下げて治すことも可能です。治療後は、唇が閉じやすくなり、口元の突出も改善するため、歯並びだけではなく、機能的にも審美的にも改善が見込まれます。

実際に、両方の治療例を見ながらご説明していきたいと思います。

(1)歯を抜いて治した治療例
主訴:出っ歯(上顎前突)

【Before】

(1)歯を抜いて治した治療例 Before

【After】

(1)歯を抜いて治した治療例 Before

上の歯の前から4番目の歯(第一小臼歯)を2本抜いてできたスペースを利用して上顎前突の改善を図っています。
前歯の突出感は無くなり、口唇も閉じやすく、緊密な咬み合わせが獲得できています。

(2)歯を抜かずに治した治療例
主訴:出っ歯(上顎前突)

【Before】

(2)歯を抜かずに治した治療例 Before
(2)歯を抜かずに治した治療例 After

【After】

(2)歯を抜かずに治した治療例 After

奥歯の後ろにスペースがあったため、上顎歯列を全体的に後方へ移動することで上顎前突を改善しています。約10mmあった上の前歯の突出が改善し、口唇も閉じやすくなり口元の改善もできた症例です。

矯正治療事例に戻る

当院に関するご案内

費用に関するご案内

治療に関するご案内

その他

診療時間

  • 月・火・水・金
    12:00~20:00
  • 土曜 9:00~18:00
  • 休診日
  • 木曜・日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス

  • 仙台市青葉区国分町2丁目2-5
    柴崎ビル1F(大きな地図で見る)
  • 仙台市地下鉄南北線 広瀬通駅 西5番出口より徒歩5分
  • お車でお越しの方に、提携駐車場サービス券(最大1時間分)をお渡ししております。受付に駐車券をご提示ください。
    »提携駐車場のご案内はこちら。
スタッフブログ