トップページ > 不正咬合の特徴と治療法 > 咬み合わせが深い

不正咬合の特徴と治療法 咬み合わせが深い

咬み合わせが深い

専門的には『過蓋咬合:かがいこうごう』や『deepbite(ディープ・バイト)』と呼びます。

オープン・バイトとは逆に、前歯の咬み合せが深い状態です。上の前歯が下の前歯に覆いかぶさり、全く下の前歯が見えないこともあります。咬み合せが深すぎると下顎の運動が制限され、顎関節症などの原因になることもあります。また、上の口蓋とよばれる歯茎に下の歯が当たって痛みが伴う場合もあります。

治療法

前歯が挺出しすぎている場合には、前歯を沈みこませることで咬み合わせを浅くします。また、奥歯が沈み込んでいることで前歯の咬み合せが深い場合は、奥歯を挺出させることで、咬み合わせを浅くさせます。しかし、咬筋と呼ばれる筋肉が非常に強いため、奥歯を挺出させることは非常に困難なため前歯を圧下させることで改善を図ることになることがあります。

不正咬合の一覧に戻る

当院に関するご案内

費用に関するご案内

治療に関するご案内

その他

診療時間

  • 月・火・水・金
    12:00~20:00
  • 土曜 9:00~18:00
  • 休診日
  • 木曜・日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス

  • 仙台市青葉区国分町2丁目2-5
    柴崎ビル1F(大きな地図で見る)
  • 仙台市地下鉄南北線 広瀬通駅 西5番出口より徒歩5分
  • お車でお越しの方に、提携駐車場サービス券(最大1時間分)をお渡ししております。受付に駐車券をご提示ください。
    »提携駐車場のご案内はこちら。
スタッフブログ